株式会社 ライフ・サイエンス

ライフ・サイエンスは医学・薬学専門出版社として医学・医療の発展に貢献します。

書籍検索(単行本)

キーワード検索

著者名や書籍タイトルを入力してください。
複数キーワードの場合は、スペースを入れてください。

発行年 年 ~ 
ISBN 978-4-89801--
分類

検索したい項目をチェックしてください。チェックがない場合は全てを検索します。

定期刊行物検索(新聞・雑誌)

キーワード検索

執筆者や特集タイトルを入力してください。
複数キーワードの場合は、スペースを入れてください。


新聞・雑誌別検索

検索したい項目をチェックしてください。チェックがない場合は全てを検索します。

発行年月

2010年以降のデータを検索できます。

月 ~
Geriatric Medicine(老年医学)

最新号

GM02月号_H1-H4.indd

ご注文方法

オンライン

※最寄りの書店でのご注文の他に、弊社へ直接お電話・FAXによるご注文も承っております。

文献ごと

2019年02月号   Vol.57 No.2

高齢者における抗血栓・抗凝固療法

江頭 正人(東京大学大学院医学系研究科医学教育学教授)

定価   本体1,600円+税

年間購読料   19,200円+税(送料込)

ISBN   978-4-89801-649-7

目次

300-070 dumps
400-151 dumps

序文 江頭 正人
   
総説  
1. フレイル・要介護高齢者に対する抗血栓薬の使い方 小島 太郎
2. 高齢者における抗凝固療法―抗凝固療法における注意点を中心に― 志賀  剛
   
Seminar  
1. 脳アミロイドアンギオパチーと抗血栓療法 坂井 健二
2. 高齢者の頭部外傷と抗血栓療法―Think FAST Campaignについて― 末廣 栄一
3. 消化器内視鏡と抗血栓薬  
   ―抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドラインについて― 加藤 元嗣
4. 心房細動患者における低体重の意義について 濱谷 康弘
5. 心房細動と認知症―臨床研究の最近の動向― 佐治 直樹
6. 高齢者におけるがん関連血栓症 向井 幹夫
7. 冠動脈疾患と心房細動を合併している場合の抗血栓薬の使い方 下浜 孝郎
   
臨床に役立つQ&A
1. 抗凝固薬の中和剤について教えてください 横井 美央
2. 心房細動に対するカテーテルアブレーション後に抗凝固療法を  
  どうするべきか教えてください 奥山 裕司
3. 左心耳閉鎖デバイスについて教えてください 山﨑  浩
   
原著  
Automatic detection of Alzheimer’s dementia using speech features of  
Hasegawa’s Dementia Scale-Revised Norihide Maikusa
   
連載  
高齢者疹療のワンポイント・アドバイス 第131回  
生活様式の修正で認知症予防 岩本 俊彦
   
老年科医のひとりごと 第35回  
老人差別 井口 昭久
   
これからの高齢者地域医療と介護における課題─漢方の効果的な運用─ 第14回  
整形外科疾患 腰痛と膝関節痛 加藤 士郎
   
まちづくりとして取り組むフレイル予防 第8回  
住まい・交通・移動から考えるフレイルを予防できるまち  
  ―同心円構成から多段階・多重圏域構成へ― 後藤  純