株式会社 ライフ・サイエンス

ライフ・サイエンスは医学・薬学専門出版社として医学・医療の発展に貢献します。

書籍検索(単行本)

キーワード検索

著者名や書籍タイトルを入力してください。
複数キーワードの場合は、スペースを入れてください。

発行年 年 ~ 
ISBN 978-4-89801--
分類

検索したい項目をチェックしてください。チェックがない場合は全てを検索します。

定期刊行物検索(新聞・雑誌)

キーワード検索

執筆者や特集タイトルを入力してください。
複数キーワードの場合は、スペースを入れてください。


新聞・雑誌別検索

検索したい項目をチェックしてください。チェックがない場合は全てを検索します。

発行年月

2010年以降のデータを検索できます。

月 ~

書籍

老年医学

ワンポイントアドバイス_表紙_y300

ご注文方法

オンライン

※最寄りの書店でのご注文の他に、弊社へ直接お電話・FAXによるご注文も承っております。

書籍カテゴリー

高齢者診療のワンポイント・アドバイス

著 岩本 俊彦 国際医療福祉大学塩谷病院高齢者総合診療科教授

高齢者では複雑な病態とともに生活機能ばかりか生命維持までもが脅かされる.したがって,高齢者QOLの維持・向上を目指す医療従事者にはこのような高齢者を理解し,全体像を把握しながら個々の問題点を素早く抽出,対処していくことが求められる. 本書は項目を体系的に並べ,理想的な高齢者診療を行うためには不可欠な1冊といえる.

発行   2016年05月31日

定価   本体3,500円+税

判型   A5変型 334頁

ISBN   978-4-89801-557-5

 ヒトは長生きをするにつれて心身の至るところに加齢性変化がみられるようになる.高齢者ではこの必然と呼ばれる変化にさらに老年病,老年症候群と呼ばれる疾患や障害が様々な組合せで積み重なり,また,身の回りにも大きな変化が生じる.これがまさに「高齢者が成人の延長線上にはない」と言われる所以である.
 その結果,高齢者は複雑な病態とともに生活機能ばかりか生命維持までもが脅かされ,生活機能が侵されればフレイルや要介護状態に陥る.したがって,高齢者QOLの維持・向上を目指す医療従事者にはこのような高齢者を理解し,全体像を把握しながら個々の問題点を素早く抽出,対処していくことが常に求められる.
 しかし,これらすべてを1つひとつ精査することは日常診療の中で時間的にも労力的にも,また医療経済的にも制約がある.まして侵襲的な検査や長期にわたる治療となると限られた体力と時間の観点から高齢者に不利益をもたらしかねない.そこでベッドサイドで高齢者の全体像を見失うことなく,要領よくかつ的確に見極めることができれば,これこそが理想的な高齢者診療となろう.このため著者は『臨床老年医学(上巻)診断・評価編』ならびに『臨床老年医学(下巻)予防と治療・ケア編』(ライフ・サイエンス)を上梓し,老年医学に基づいてその要点を記述したが,その際,大切なポイント,もっと掘り下げて述べたいポイントがあっても紙面の関係で詳述することができなかった.このような理由で,各々のポイントを『高齢者診療のワンポイント・アドバイス』として月刊雑誌『Geriatric Medicine(老年医学)』で取り上げ,この連載ものを1冊にまとめたのが本書である.
 本書は読者が読みやすいように各項目をその内容で並べ替え,体系化した.読者には興味ある項目のみを選んで読むのもよし,通して読むのもよしで,必ずや高齢者の日常診療に役立つものと自負している.

2016年4月 矢板にて

岩本 俊彦

 

目次


Ⅰ 高齢者の診療に必要な考え方,診かた
 1 老年病の診断・治療に有用な生活習慣の診かた
 2 フレイルの診かた,考え方
 3 老年症候群,geriatric giantの考え方,診かた
 4 記憶術「Dr. SUPERMAN」を用いた高齢者総合的機能評価
 5 簡易版CGA「Dr. SUPERMAN」を活かす─知覚・コミュニケーション─
 6 簡易版CGA「Dr. SUPERMAN」を活かす─服薬状況・介護者の問題─
 7 簡易版CGA「Dr. SUPERMAN」を活かす─精神の障害―
 8 簡易版CGA「Dr. SUPERMAN」を活かす─運動障害,排尿障害,ADL-IADL障害─
 9 簡易版CGA「Dr. SUPERMAN」を活かす─摂食・嚥下障害,栄養障害─
Ⅱ 身体診察で診る変化
 A.全身にみられる変化
 【動脈硬化関連】
 10 耳朶の深い皺
 11 頸動脈bruit
 12 擬似高血圧とOsler手技
 13 起立性低血圧とSchellongテスト
 14 動脈の迂曲蛇行化とその臨床的意義
 【代謝・体温の問題】
 15 脱水症とHandkerchief sign
 16 甲状腺腫・甲状腺機能低下症の診かた
 17 高齢者の体温と低体温
 18 高齢者の発熱
 B.各臓器にみられる変化
 【脳神経系の問題】
 19 前頭葉機能とその診かた
 20 半側視空間失認の診かたとその意義
 21 構成失行の診かたとその意義
 22 パーキンソニズムを呈する疾患とその鑑別
 23 加齢に伴う視器の変化と視覚障害
 24 加齢に伴う聴覚の変化
 25 高齢者の嗅覚・味覚
 26 高齢者と手足のしびれ
 【心肺系そのほかの問題】
 27 うっ血性心不全と頸静脈の怒張
 28 下腿浮腫の要因とその診かた
 29 足の皮膚変化と循環障害
 30 加齢に伴う呼吸器系の変化
 31 労作時の息切れとその診かた
 32 ベッドサイドの肺機能評価
 【骨・関節の問題】
 33 高齢者の関節疾患─関節痛と関節可動域─
 34 腰の痛み
 35 膝の痛み,足趾の痛み
 36 肩の痛み,手指の痛み
 37 高齢者にみられる手,指の変化
 【皮膚の問題】
 38 高齢者にみられる爪の変化
 39 皮膚の老化と皮膚病変
 40 皮膚の変化と内臓疾患─デルマドローム─
 41 褥瘡の診かた─褥瘡重症度分類と創面評価“DESIGN-P”─
 【薬物の問題】
 42 高齢者の薬物療法でみられる諸問題
 43 有害薬物反応(ADR)に気づく
Ⅲ 診療で診る精神・運動・排泄の障害
 A.精神の障害
 44 睡眠と高齢者の問題点
 45 睡眠障害の評価
 46 記憶と健忘症候群
 47 軽度認知障害の診かた,考え方
 48 認知機能テストとAlzheimer病の病理
 49 見逃してはならない治療可能な認知症
 50 BPSDに対する評価NPI
 51 昼夜逆転の診かた─概日リズム睡眠障害と夜間せん妄─
 52 情動に関連する機能の理解─BPSDの背景にあるもの─
 53 認知症にみられる幻覚,誤認,妄想の診かた
 54 認知症にみられる焦燥,易怒性,攻撃性の診かた
 55 認知症にみられる帰宅願望,徘徊,つきまといの診かた
 56 認知症にみられる抑うつ状態,アパシーの診かた
 B.四肢・体幹運動の障害
 57 サルコペニアの診かた
 58 手指の巧緻運動障害
 59 高齢者の姿勢,特に脊柱後彎とその診かた
 60 脊柱後彎の様々な弊害─Hip-spine syndromeなど─
 61 支持基底面とFunctional reach test
 62 歩行の評価と転倒
 63 バランス・歩行機能の総合的評価法─Timed Up-and-Go test─
 64 高齢者のめまい・ふらつきの診かた
 65 転倒予測のための評価
 C.摂食・嚥下運動の障害
 66 食欲低下と摂食・嚥下障害の診かた
 67 嚥下機能の診かた
 68 口腔のチェック
 69 高齢者の栄養評価に役立つ指標
 70 高齢者にみられる低栄養
 D.排泄の障害
 71 排尿に影響する薬剤
 72 前立腺肥大症,残尿の評価
 73 過活動膀胱の診かた
 74 便失禁の診かた
 75 機能的便秘の診かた
Ⅳ 高齢者診療に有用な評価法
 Mini-Mental State Examination(MMSE)
 Clinical Dementia Rating(CDR)
 Geriatric Depression Scale-15(GDS15)
 徒手筋力テスト(Manual Muscle Testing:MMT, Daniels法)
 Barthel Index
 IADL尺度(Lawton & Brody)
 Mini Nutritional Assessment®(MNA®